田舎暮らしは心が和む♪

田舎暮らしは心が和む♪

http://hechimatawashi.blog.fc2.com/

道南の厚沢部町でのんびりと田舎暮らしをしています。

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*馬とカボチャ

2011/12/12*Mon*

氷点下の朝、町外れの放牧場で馬の食事風景を見学した。
2頭が白い息を吐きながら首を長くして食事を待っていた。

ばんば馬の朝食1

馬主さんが雪ソリで運んできたものは・・・

ばんば馬の朝食2

大量のカボチャ!でした^^

ばんば馬の朝食3

馬主さんの話

「2頭共、ばんえい競走馬の繁殖馬で、腹に子が入っている」
「食事は1日3回必ず与え、1頭当り約70kgのカボチャを食べる」
「カボチャは農家さんの規格外を分けてもらっているが、他の餌もある」
「採算?赤字だよ。でも左の馬の子は去年のチャンピョンで・・長々・・」
__________________________________________

注釈:ばんえい競走とは?(Wikipediaより引用)

世界で北海道・帯広市だけで行われている、競走馬がそりを曳きながら
力と速さを争う競馬。馬は体重が1000kg前後でサラブレット馬の約2倍。
300px-2010_obihiro_daijin.jpg
(画像は引用です)
__________________________________________

今週、ばんえい競走の話を伺うために、馬主さん家に行ってきます^^;

ばんば馬の朝食4

ばんば馬の朝食7

北国でしか見られない雪の上での、馬の食事風景です^^;


人気ブログランキングへ  にほんブログ村 シニア日記ブログへ

本日もお立ち寄り頂き、ありがとうございます。
コメント欄は下段の‘本文’をクリックすると表示されます
                  


- 厚沢部町 - Permalink - 本文:14 - TrackBack:0 - TOP ▲ -

*Comment.

おはようございます。
ばんえい競馬、一度だけ見た時があります。
夫の実家では「ばんばレース」と言っていました。
坂を上る時の迫力はすごかったです。
人馬一体となり、ゴールを目指す様子に
ただただ息をのんで見ていました。 vivi 様
おはようございます。

>夫の実家では「ばんばレース」と言っていました。
そうなんです。このあたりでも普段はばんば(曳馬)と言っています。

>坂を上る時の迫力はすごかったです。
>人馬一体となり、ゴールを目指す様子に
>ただただ息をのんで見ていました。
迫力はすごいです。坂では観客まで近くに行って「ソーレ・ソーレ」の掛け声を馬にかけていました(草ばんばですが・・)

コメント、ありがとうございます。
たくましい足腰しています♪

70キロもの食事とは(^^
お馬さんも人間と同じで、元気な赤ちゃんを産むためには、
しっかり食べないとダメなんですね。。。

雪の上での食事風景は、一見寒そうで冷えそうで、つい心配してしまいます。

ばんえい競馬の迫力と観客一体となった空気は独特のものですね。
農民による農耕馬のレースといった趣を伝えるものとして存続を願います。
道産子に乗って雪の畑を駆けたことがありますが、キンキンに冷たい空気を
マフラー越しに吸いながら馬と一緒に汗をかいたのを思い出します。
冬の北海道に会いに行きたくなりました。
いつも珍しい写真をご紹介いただき有難うございます。
力が湧く写真ですね。
私も頑張んなくちゃ
馬さんに負けずに
もう少し、がんばってみます。
こんにちは
ばんえい競馬はテレビで見たことがあります
見ながら 馬 が可愛そうだ~とおもっていました
お腹に赤ちゃんが居れば競馬には出られませんね
馬がかぼちゃを食べるんですね 驚きです ケイト 様
こんにちは。ありがとうございます。

>70キロもの食事とは(^^
馬主さんの話だと他に1頭飼っていて計3頭、その食事量は1日に約200kg・・・この量を毎日一度も欠かさず与えるということに驚きました。

>雪の上での食事風景は、一見寒そうで冷えそうで、つい心配してしまいます。
私もそう感じ馬主さんに尋ねると「いや、むしろ寒いほうが調子良いようだ」とも答えでした。さすが北海道の馬です^^ 杣人のNuages 様
こんにちは。ご無沙汰しています。コメント、ありがとうございます。

>ばんえい競馬の迫力と観客一体となった空気は独特のものですね。
そのとおりです。最後の2つ目の山を越えるとき、観客もそばに行って「ソーレ!ソーレ!」と馬を励ましますね。これは草ばんばだけかも知れませんが・・^^;

>道産子に乗って雪の畑を駆けたことがありますが・・・
スゴイ!ですね。想像するに安定感バツグンでしょうね。冬の北海道にもぜひお越しください。 nao! 様
こんにちは。ありがとうございます。

>力が湧く写真ですね。
>私も頑張んなくちゃ
>馬さんに負けずに
>もう少し、がんばってみます。
いろいろ大変でしょうが、ファイト!でいきましょう。たまに休憩も入れてくださいね^^; ううたん 様
こんにちは。コメント、ありがとうございます。

>見ながら 馬 が可愛そうだ~とおもっていました・・・
昔は農耕馬でしたが、今は競走用と愛玩用として飼われています。力とスピードと(頑張る)性格を持つ馬が勝ち、その子孫が残されていきます。強くてたくましい馬を育てる意味においてもばんえい競走は必要なのかも知れませんね。

>馬がかぼちゃを食べるんですね 驚きです
私もビックリでした。馬主さんのお話では最初は食べなかったそうです。餌代がバカにならないと笑いながらいっていました。 かぼちゃ70KG
「北国でしか見られない雪の上での、馬の食事風景です^^;」

冷たいのでしょうが、風はなさそうですね。
空気がブルーに見えます。

ばんえい競馬の馬たちが綺麗です。

1頭70KGのカボチャ。
馬主さんも大変ですね。(応援) ijin 様
こんばんは。いつもありがとうございます。

>冷たいのでしょうが、風はなさそうですね。
今日は気温はマイナス16℃と冷えましたが、風は弱かったです。
ばんば馬は寒さには強く、このくらいの冷え込みは苦にしないようです。

>1頭70KGのカボチャ。
>馬主さんも大変ですね。
餌の購入費用も、1日3度の手間も大変そうで、「人間の食事は抜いても馬のは抜くことが出来ない」と馬主さんが言っていました。
うちにもいましたよ~ 
ぺルシュロンという馬では一番大きい種ですがおとなしいです。
娘は小学生の頃 とにかく大きな裸馬にタテガミをつかんで
乗っていたのだからビックリです ・・;

バンバレースはホントに迫力あります
来年の2月に NHKでバンバ関連のドラマが始まりますよね。
馬主さんのお話 楽しみにしています。 駄菓子屋のともちん 様
こんばんは。ありがとうございます。

>娘は小学生の頃 とにかく大きな裸馬にタテガミをつかんで
>乗っていたのだからビックリです ・・;
えーっ!ソレハ、すごいですね。時をかける少女、ではなくて草原を駆ける少女ですね^^;

>来年の2月に NHKでバンバ関連のドラマが始まりますよね。
>馬主さんのお話 楽しみにしています。
いろいろ伺ってこようと思います。お楽しみに♪
*Comment form.









*Trackback.
トラックバック URL
→http://hechimatawashi.blog.fc2.com/tb.php/263-a7adef9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。