田舎暮らしは心が和む♪

田舎暮らしは心が和む♪

http://hechimatawashi.blog.fc2.com/

道南の厚沢部町でのんびりと田舎暮らしをしています。

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*海を見ていたジョニー・・・

2012/11/06*Tue*

隣町・北斗市にある、きじひき高原の展望台から
北海道駒ケ岳が見えた・・・

1-1きじひき公園から

麓には大沼国定公園も・・・

1-2きじひき公園から





2-1きじひき公園から

山頂付近の木々は、

2-2きじひき公園から

紅葉が、ほぼ終わりかけていた・・・

2-3きじひき公園から





2-5きじひき公園から

展望台の手すりに摑まるカラスのジョニー・・・

2-4きじひき公園から

ジョニーは函館の海を見ていた・・・ (笑)

3-2きじひき公園から

注1.タイトルは五木寛之の同名小説とはまったく無関係。
注2.ジョニーというカラスの名前は思いつきで付けました。
注3.硝子のジョニーではありませんよ(超古の歌謡曲・・・)
↑アイ・ジョージのヒット曲でしたね^^;


明日もまた来てね^^v 
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます


コメント欄は下段の‘本文’をクリックすると表示されます           
                  


- 北斗市 - Permalink - 本文:8 - TrackBack:0 - TOP ▲ -

*Comment.

おはようございます♪
高原展望台からの風景 美しいです~
それが、、なして?ひじき高原と読んでしまったんか・・ ('▽`;;
紅葉が終わった後の山や湖の様子もとても好ましく思います
静かな豊かさを感じます

そして カラスさん 好きなんですw
悪評多しですが 実はすごおく親孝行な心厚い鳥で
老いた親や傷ついた仲間など決して見捨てないで最期まで看取るそうなんです( *^^)(*^^*)ッ! れぃん 様
おはようございます。
ちょうど今、れぃんさんのブログを覗いていたところです^^

>なして?ひじき高原と読んでしまったんか・・ ('▽`;;
漢字で書くと木地挽山でこれも読みにくいですね

>そして カラスさん 好きなんですw・・・
そうなんですか?確かにこのカラスも頭がよさそうで、
私の心を見透かしていました。
でも山に入ると、たまにカラスに攻撃される(後ろから頭をつつく)ので、
やっぱり好きではありません。ものすごく痛いんですよ^^;
へちまさんこんにちは。
紅葉の見頃も過ぎた大沼ですが、こうして
見ると駒ヶ岳の裾野は真っ赤に色づいていますね。
私は土日にきじひき高原へ行こうか迷った挙句
大沼へ行きました^^;
ここもそろそろ冬期通行止めですね。 BRABUS 様
こんばんは。

>駒ヶ岳の裾野は真っ赤に色づいていますね。
そうなんです。夏の緑が真っ赤になっていました^^;

>私は土日にきじひき高原へ行こうか迷った挙句・・・
残念、ひょっとしたらお会いできたかもですね^^

>ここもそろそろ冬期通行止めですね。
もう通行止めで、ゲートが降りていましたよ。
遠くを見つめるジョニー、いいですね(^^)
赤、黄色の紅葉もいいですがこういう山も素敵です。
白い幹がいいな♪ チビmomo 様
こんばんは。

>遠くを見つめるジョニー、いいですね(^^)
でしょ?背中に強い警戒オーラを出しながら海を見ていました^^

>赤、黄色の紅葉もいいですがこういう山も素敵です。
>白い幹がいいな♪
私自身もなかなかいいなと思いました。
予断ですが、より良い撮影地点から撮りたいとの強い思いで
柵の鉄線をくぐり、立ち入り禁止区域でのショットとなりました。
やるもんでしょ?(笑)
へちまさん、こんばんは。
もうずいぶんと山登りをしていないので眺望を眺めていたい気持ちになりました。
カラスのジョニーさんと一緒に海や山々の紅葉の風景を眺めている気分になってる私です。 弥生 様
こんばんは。

>カラスのジョニーさんと一緒に・・・
風景ははやり山の上か眺めるのがいいですね。
自然の雄大さを感じ、背筋が伸びる思いです^^
*Comment form.









*Trackback.
トラックバック URL
→http://hechimatawashi.blog.fc2.com/tb.php/612-77634465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。